×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

公共広告機構とは

公共広告機構というのは、テレビやラジオのコマーシャルや新聞や雑誌などの広告をつかって啓発活動をしている社団法人の事を公共広告機構といいます。公共広告機構が取り扱っているテーマというのは、環境問題や公共のマナー、また薬物やいじめ、家庭問題などを取り扱っています。公共広告機構は他にも様々な一般常識に関わる分野もあります。公共広告機構は2006年に設立されてから35年がたちました。公共広告機構のコマーシャルを一度は 見た事がある人も多いのではないでしょうか。私が小さい頃から公共広告機構のコマーシャルはあったように思います。公共広告機構のコマーシャルはインパクトがあって、たった数秒なのにとても心に残る広告が多いと思います。公共広告機構のコマーシャルはとても人に与える影響が大きいコマーシャルなのではないでしょうか。公共広告機構のコマーシャルは色々な種類がありますから一見見ただけでは公共広告機構のコマーシャルだとわからないものもあります。

公共広告機構のコマーシャル

公共広告機構のコマーシャルは毎年7月に新しいものが更新されて、公共広告機構のコマーシャルは1年間放送されることになっています。公共広告機構のコマーシャルは一般のコマースシャルの時間帯には、テレビのコマーシャルとラジオのコマーシャルで40秒のタイプがコマーシャルの最後に放送されて、ラジオのコマーシャルの20秒のタイプはコマーシャルのはじめに流れることが多いようです。公共広告機構のコマーシャルが流れる時というのは理由があるそうです。例えば、企業が不祥事を起こしたり事故を起こしたり、倒産したりしたときに自粛する場合などに、公共広告機構のコマーシャルに差し替えすることが多いようです。その他、スポンサーの企業のコマーシャルをその枠の時間帯などが確保することができない場合などには公共広告機構のコマーシャルを使うことがあるようです。企業による不祥事以外にもコマーシャルのイメージキャラクターの不祥事やその商品が販売されていない地域への宣伝なども公共広告機構のコマーシャルに差し替えることが多いようです。

公共広告機構のロゴやサウンド

公共広告機構で使われているロゴは1987年までははとの絵とハートを使ったハトマークとよばれるマークが利用されていましたが、今では公共広告機構が略されたACというロゴマークに変更されています。公共広告機構のロゴマークは必ず公共広告機構のコマーシャルの最後に出るようになっていますが、大体のコマーシャルは今までの映像と変えて背景を改めて放送することが多いようです。公共広告機構ではコマーシャルのロゴと一緒に「AC〜♪」というサウンドロゴとよばれるものが入りますが聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?このタイプのものが入らない場合には、公共広告機構ですというナレーションが流れるコマーシャルも中にはあります。色々な公共広告機構のタイプがありますからそれによってサウンドロゴも違うようですね。公共広告機構のコマーシャルで有名な物では1980年代に放送されたもったいないお化けが有名で今でもまだ記憶にある人も多いのではないでしょうか。

Copyright © 2008 公共広告機構にハマリました